中国語をマスターするメリット

中国語をマスターするメリット

近年、中国語をマスターするメリットは増加してきています。

中国のGDP(国内総生産)成長率は非常に高く、2010年にはアメリカに次いで世界2位のGDPとなっています。
つまり中国の国全体がハイペースで豊かになっており、日本への渡航人数も前年比の倍増のペースで急増しています。

2014年は8月までですでに日本への渡航人数が150万人を超え、昨年の国順渡航人数は3位にまで上がっています。
また、中国の高度経済成長は2020年まで続くことが見込まれており、今後も渡航人数が増加することが予想されます。
たくさんの中国人が日本に来た場合、最も必要とされるのは中国語を通訳したり翻訳したりする人、つまり「中国語が出来る人」です。

通訳としての仕事の他にも、中国と連携したり中国人を積極的に雇い入れたりする企業も増えてきており、一般的な事務職から技術職でも中国語が出来ることが求められてきています。

通訳ほどのスキルは必要とされなくても読み書きができる程度などから、正社員だけでなく派遣社員のスキルとしても重宝され、時給アップの手段としても活用できます。

日本でもこれだけ中国語が注目され、学習する人も増えてきていますが、まだまだ英語などに比べてマスターしている人は少ない今こそ、希少価値として求められる人材になるチャンスと言えます。

トップへ戻る